スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABC5終了

2007年05月14日 08:07

イベントお疲れ様でした。初めての個人参加でしたので、あれこれ不手際が目立って申し訳ありませんでした。
おかげさまで持っていった分は全部売ることができました。お買い上げ頂いた皆様には大感謝であります。次回はきちんとマンガを描きたいと思います。

今回仕事が直前まで詰まっておりまして、ギリギリの時間まで作業しておりました。そのあおりは現地で出たわけですが、おつりを用意できなかったのはこちらのミスです。一番の反省でしたね。ただうちのサークルに列が出来たことは、活動を始めてから一度もなかったので(汗)、当日の会場のことは予想外だったのです。
それと開場30分くらいまで製本に手間取り、結果時限な形になってしまいました。しかしこれは狙ったことではなく、上記のような仕事の関係がありました。非難されてもしょうがないのですが、気持ちを汲んで頂けると助かります。次回からはなんとか開場まで間に合わせます。

今回一番迷ったのは増刷でした。最初に作ったものが速攻で売れてしまったため(この時点で125部ありました)、なんとか少しでも多くの人に行き渡るように増刷を決めました。近くのコンビニに行って、40部ほど増刷して、その後13時くらいに再販したわけです。
これはあくまで再販でありまして、狙った時限では無いと言うことはご理解いただければと思います。合計165部作ったわけですが、手折コピー誌としては事前に用意できる限界を超えており、最初から用意できる量ではありませんでしたので。

ただこれに関しては賛否が分かれるようでありまして、時限2回はやめて欲しいという意見もあるようです。オンリー系イベントに不慣れなためルールが分からない部分が多かったのですが、増刷したのは売り上げのためでは無く、なるべく多くのお客様に行き渡るようにしたかったためでした。
結果時限という形になるわけですが、これに反対意見が多いのであれば、今後増刷という形は取らないようにいたします。

会場製本をデフォにしないで欲しいという意見もあったのですが、デフォではないんですよね(汗)。申し訳ないなと思ってるんですけど、一人で万全の体制を作るのが難しいんです。でも作りたい本があって、僕の本を待ってくれてる一部の人に見てもらいたい気持ちはいっぱいなんで、本を出すことにだけは一生懸命になりたいのです。
なので、会場製本を真っ向から否定されてしまうと、開場時間に間に合わない場合は、本を落とさなきゃいけないんですよね。もしその方がいいなら次からそうするんですけど、お客さんから見るとどうなんでしょうか。結構悩む所であります。

全てのお客様を満足させることは難しいのですが、今回の反省点を踏まえて次回に生かしたいと思います。頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。